2015年エルサレム全世界大会ご報告

Posted by in Report


2015年エルサレム全世界大会は、これまでの参加者を超え、約2千人が約150ヶ国から集まりエルサレムに上ってきました。

日本からは約90名の方々が参加され、賛美と祈りを持ってエルサレム、また国々を祝福しました。

日本の所属するゲート,獅子門(Lions Gate)の参加者はどの門よりも多く、中国から約400人、韓国から約120人、また、その他にモンゴルから集まりました。この門で毎朝4−6時、共に礼拝し、お互いの国々の為にとりなしあい、最後にはイスラエル、エルサレムを共に祝福しました。

JHOPFAN

メイン会場での集会では、世界中からのゲストスピーカーが今、主が私たちに求められておられる的確なメッセージを語ってくださり、チャレンジを受けました。また世界中でダビデの幕屋が回復している報告も聞き、ますます、主が祈りと賛美を通して国々を勝ち取ってくださることを共に祈りました。

この大会は、ラッパの祭り、ユダヤ暦新年の日から始まり、仮庵の祭りが始まる前日まででしたが、獅子門だけの特別荒野プログラムが開催され、3日間、荒野のテントで過ごしました。ちょうど、月食が見える日にもあったったので、月が赤くなるのを見ながら、賛美をし礼拝を共にしました。
ブラッドムーン
3日間、何もない荒野で主のみことばを聞き、主と時間を過ごすのは、特別な経験でした。
荒野のジェネシス・ランド
荒野のジェネシス・ランド
荒野のジェネシス・ランド

来年も同じ場所でまた多くの国々が集まります。
是非、日本から多くの礼拝者ととりなしてが来られる事を期待しています。

シャローム!